3年間の不妊期間を経てついに妊娠

3年間の不妊期間を経て、ようやく子供に恵まれました。不妊に悩みつつも私がずっと続けてきた妊活が、冷えを取り除き基礎体温を上げるというものでした。
一般的に36℃以下の体温は低体温状態とされ、これをそのままにしていると、肌荒れ、便秘だけではなく、妊娠しづらい体を作ってしまいます。基礎体温を上昇させるために食生活の改善は一番意識して行いました。

 

 

橙や茶色など濃い色の野菜、寒い地方で栽培されている野菜、12月〜2月が旬の野菜は体の血行を良くするビタミン類を多く含む事から身体も温まるので、進んで毎日の食事で食べるようにしました。

 

いつもの料理を少し変えるだけなので、難しくて嫌になるということはありませんでした。
結婚後しばらく経ち妊活を始めようと思った時、ぜひパートナーと話し合いましょう。妊活をしている人の多くは、妻の頑張りがメインだと言いますが、、いくら妻が一人で頑張っても妊娠に結びつくわけではないのです。今は不妊治療を夫婦で行うケースも増えており、そこで不妊の原因が男性側にあったという事例もあります。さらに加齢などにより自然妊娠が難しい場合には、前もって治療法や期間、上限額など決めていく必要があります。

 

その時には、やはり夫婦の協力が不可欠となりますので、積極的に夫婦で話し合ってみましょう。

 

私たちもそろそろ赤ちゃんが欲しいねと、主人とはよく話をしています。

 

まずは、初歩的なところからかなと思います。

 

 

 

毎日の生活習慣から体が冷える習慣をなくしたり、いい加減で済ませていた基礎体温の計測をしっかり、目覚ましを使って毎日同じ時間に計るようにしました。

 

食生活も見直してきちんと3食食べるようになりました。生活リズムも毎日必ず22時に就寝して7時に起床する生活を送るようになりました。今月もうすぐ検査薬が使えるので、楽しみに待っています。
妊活を進めている中、基礎体温をつけるようになって半年程ご夫婦で頑張ってみても、妊娠しない時には一度は病院で詳しく検査をされた方が良いでしょう。
男性の方に問題があることも最近では多くなっていますし、奥様とご主人のどちらにも問題がなくても相性が悪いということもあるそうで、男性の精子が合わず卵子が攻撃をして受け付けようとしない場合もあるそうです。
検査内容は同じでも保険の適用が認められずに負担額が高額になってしまう病院も存在しますので、まずは電話で確認を取ってから診察を受けるようにしましょう。現在不妊治療をされている方はたくさんいます。

 

少しでも妊娠するために出来る限りの事をやりたいと思う方も多いでしょう。

 

方法なら色々あります。最初に、常日頃から栄養バランスの良い食事をするという事です。過度なダイエットは体が必要とする栄養バランスが崩れるのでやめたほうがいいです。

 

続いて妊娠中の体にもっとも重要だとされている葉酸の摂取についてです。

 

葉酸は胎児の発育を助ける大事な栄養素です。

 

食事だけでなくサプリメントも活用してしっかりと摂りましょう。日常で取り入れやすいところから妊活を進めていくことが大事です。妊活を始めるにあたり、まず一番はじめにすべきことは自分の身体を見つめ直すことです。生理周期に乱れはないか、周期通りに排卵がされているかを調べなければなりません。

 

日課として基礎体温を毎朝同じ時間で計るようにし、結果をグラフにしてみましょう。わざわざ手書きでグラフなんて無理!そんな方は今は便利なアプリもあるので、それを利用するもいいですね。

 

基礎体温を記録し始めて3カ月後には、あなたの体調の変化が基礎体温とともに周期性を持っていることがわかるはずです。
自分自身のカラダに真摯に向き合うことが、妊活のスタートとなります。
子供が欲しいと感じたら、早めに妊活を始めましょう。誰しもが年齢を重ねて、老化をしていくように卵子も年齢に比例して老化していくのです。ということは、すなわち妊娠しづらくなる可能性があるということです。
また昨今では、社会進出を果たした女性の多くがストレスを抱え、バランスの崩れがちな食生活からホルモン分泌に異常をきたす事もあり、不妊の要因となってしまっているケースがあります。

 

不妊治療でなら確実に子供ができる、と断言はできません。

 

 

そのため、子供が欲しいのであれば、早めに妊活を始めて有効に時間を使いましょう。赤ちゃんを授かりたいのであれば、身体を冷えから守らなければなりません。なにより首・手首・足首の保温を怠ると冷えが強くなりやすく、子宮や卵巣環境の悪化を招くことがあります。

 

 

 

冷えの解消法としては、まず温かい物をとるということです。

 

冷えた飲み物がどうしても飲みたいのであれば、冷蔵庫などで冷やしただけで氷はなしにする、でも効果があります。
毎日のお風呂もシャワーではなくぬるま湯に、ゆっくりと肩まで浸かる事でリラックスと血流改善の効果が得られます。

 

最後に運動です。

 

特におすすめなウォーキングは手軽に行える上に妊活にも有効で、20〜30分毎日歩くことで全身の血流が改善され、効果があるといわれています。